代表あいさつ

メディアの役割を市民で支えよう

代表 上田文雄(弁護士・前札幌市長)

20070702_335168

 

メディアアンビシャスを立ち上げ10年にわたり代表を務めてこられた山口二郎教授が北大から法政大学へと移り活動拠点も東京に移され、代表の交代を強く希望された。断り下手の私が浅学菲才を顧みず暫時代表を務めることとなった。
メディアアンビシャスの目的は、山口前代表が記された「メディアアンビシャスが目指すもの」の通り不変であり、私も問題意識を共有しているので、そのまま下に転記させていただく。10年前、山口前代表は「メディアが‥特定の世論を形成することに加担しているのではないかという疑いをぬぐうことはできません。」との懸念を表明されていた。その後のNHK会長就任会見で「政府が『右』と言っているのに我々が『左』と言うわけにはいかない」発言(2014/1)以来、テレビキャスターの相次ぐ不自然な交代、総務大臣の放送法4条に基づき「電波停止」発言などによりメディアの自粛ムードが一層深まり懸念は現実のものとなった。メディアの自粛は、民主主義の担い手である市民の知る自由を奪い、権力をけん制する力を弱めることとなる。市民の耳目が次第に真綿で塞がれつつあることを実感してきた10年でもあった。それが昨年7月に至り、札幌で首相の参議院議員選挙応援街頭演説に対し一人の若者が異議申立ての「ヤジ」を上げると同時に、北海道警察が同人を強制排除する事件が発生した。いよいよ市民の耳目が塞がれる段階から、市民の口を権力が素手で封ずる事態に深刻化し、民主主義はいよいよ危殆に瀕する感がそこにはある。
10年にわたるメディアアンビシャスの活動は、一市民団体の情報収集能力の限界からして、必ずしも当該年度日本全国もれなく発信された報道・作品を検討できたわけではないにしても、私たち市民が触れることができた情報のなかでこれぞという志の高い作品を、敬意と感謝を込めて激励し「表彰」させて頂く実践として継続することができた。幸いなことに、この間受賞されたメディア関係者の皆様方は「表彰」を快く受け入れ、その後の報道姿勢を堅持する糧とされる旨述べられていること、メディアアンビシャスの喜びとするところである。
願わくば、全国各地で私たちと志を同じくする市民が、それぞれの地域で志の高いメディアを讃え励ます活動を始められんことを期待したい。私たち市民の人権が守られ、この国の民主主義の主人公であるために。

2020年1月

 

 
「メディアアンビシャスの目指すもの」
民主政治のあり方が問われている今、私たち市民が自ら情報を集め、政治や社会に対して態度を決定することが求められています。

私たちが直接見聞きできる範囲はごくわずかであり、情報を得るためにメディアは不可欠です。したがって、これからの政治を立て直すためにも、メディアは決定的な重要性を持っています。

この間、様々な出来事が新聞やテレビをにぎわせました。たとえば、小沢一郎民主党代表の政治資金をめぐる問題。北朝鮮の「ミサイル」発射。メディアはこれらの事柄について、どこまで多面的に伝え、真相に迫ったのでしょうか。メディアが政府の流す情報をそのまま国民に伝え、特定の世論を形成することに荷担しているのではないかという疑いをぬぐうことはできません。

メディアが権力の意に添ってステレオタイプを作り出す時、民主政治は崩壊します。自由で多様なメディアを作り出すことは、情報の消費者である私たち自身の役割です。ステレオタイプに陥るメディアを批判すると同時に、優れた報道を行ったメディアを市民の側から高く評価し、力づけることこそ、健全なメディアを作り出すための鍵となります。

このような問題意識のもとに、メディアに関心を持つ市民の自発的な運動として、メディアアンビシャスを立ち上げました。北海道を中心として、優れた報道を行うメディアを励まし、情報を共有する試みを広げていきたいと思います。同時代に関心を持つ市民の方々の参加を呼びかけます。

2009年4月
山口二郎

※山口二郎前代表(法政大学教授)は顧問に就任されます。