7月19日(火)開催 メディア・アンビシャス7月例会のお知らせ

当会呼びかけ人で北大准教授の玄武岩(ヒュン・ムアン)さんが、先ごろ韓国各地の慰安婦像を訪ねられた映像を紹介しながら、歴史的な認識のあり方と倫理観の確立過程について、日ごろ思い、考えられていることを話されます。

日 時:7月19日(火)19:00~
場 所:愛生舘ビル6階 貸会議室(自由学校「遊」向かい)南1条西5丁目)
参加費:500円(大学生以下は無料)
テーマ:「想起の空間」としての「慰安婦」少女像-『帝国の慰安婦』の少女像批判を問う

コメントは受け付けていません。