2019年メディアアンビシャス大賞 受賞の皆さんから

大賞表彰は今回で11回目を数えます。その表彰式は2020年3月7日(土)、初めて会場となる北海道大学学術交流会館で開く予定でした。ところが、新型コロナウィルスの流行です。事務局メンバーによる会場下見を終えた2月28日午後、北大当局から、不特定多数の参加が見込まれる集会などについては、不要不急の場合をのぞいて出来る限り開催しないようにとの通達が出たことを知らされました。運営委員メンバーで急きょ、メールで意見交換し、「中止」はやむを得ない要請として受け入れることになりました。表彰式を断念して、受賞者の皆さんのお顔を見れないこと、報道一線の現場のお話をうかがえないことは、痛恨の極みです。しかし、表彰式を見送ったからといって、優れた報道の価値がいささかも減じないことは、言わずもがなのことです。そして今回も受賞者の皆さんから、報道にかける熱い思いと、読者・視聴者の私たち市民へ連帯を込めたメッセージをいただきました。(記:山本)
<<<以下からお読みください>>>
2019kansomatome_re

コメントは受け付けていません。