4月18日(火)メディア・アンビシャス4月例会のお知らせ

日時:4月18日(火)午後7時〜
場所:愛生舘ビル5階会議室A (札幌市中央区南1西5愛生舘ビル)
資料代:500円
内容:RKB毎日制作「十字架とショパン」(30分)の上映とディレクター西嶋さんのお話
※作品は3月20日、HBCで放送されました。

ピアニストの崔善愛さん(57)は、かつて指紋押捺を拒否したことから再入国許可を受けられず、特別永住者の資格を奪われた。留学先のアメリカから帰国できない不安の中で、善愛さんはショパンの音楽に心を揺さぶられた。帝政ロシアの弾圧から逃れるために祖国を離れたショパンの悲しみが、朝 鮮戦争の混乱を逃れて来日した父親の思いに重なった。(番組案内の一部から)。

ゲスト:ディレクター西嶋真司さん。
1981年RKB毎日放送(本社・福岡市)入社。1991年から1994年までJNNソウル特派員。現在は番組制作部門に所属し、「コタ・バル~伝えられなかった戦争」(2011)、「嗣治からの手紙~画家はなぜ戦争を描いたのか」(2014)、「抗いの記 記録作家 林えいだい」(2015―テレビ版、16年映画として編集・全国公開中)など戦争を中心とするドキュメンタリー番組を担当。

コメントは受け付けていません。